ロゴ asia21.tv
asia21.tvニュースレターの購読




 
Favoris et Partage

パリのアーケード

1850年代にはパリに150あったアーケードも、現在では20程しか残っていません。パリの人々はこういった有名なアーケードを偶然通ったり、近道を見つけるために通ったりしていますが、たいていの場合は楽しむために足を運んでいます。

アーケードの大半はセーヌ川右岸の大通りの近くにあります。ショッピングセンターの先祖ともいえるアーケードは、18世紀末にパリのブルジョワ向けの店舗のために作られました。アーケードの中には時計がたくさんありますが、これはよく辻馬車や乗合馬車の御者が時間をつぶす場所でもあったことの名残です。

アンティークやかわいらしいサロン・ド・テの愛好家、ありとあらゆるもののコレクターなど、パリのアーケードはそういった人々にピッタリの場所です。ここでは、純粋主義者とも知り合うことができます。というのは、そこにブティックを構えることを選んだ人々は、通常自分の職業を愛してやまない人々だからです。まさに、最高の審美家たちの幸せだと言えるでしょう。

パリのアーケードは時間の概念とはかけ離れた場所です。これは、多くのファッションクリエーターたちが初めてショールームを構える場所にアーケードを選び、常に「最新の流行」の場になっていることを考えると矛盾しています。 エレガントで荘厳で、ミステリアスでもあるアーケード・・・。ここは、忘れられた時代を反映した、過去の香りが漂う場所でもあるのです。

最も美しいアーケードの中から1つを選ぶとしたら、間違いなくギャラリー・ヴィヴィエンヌを挙げるでしょう。このアーケードには、ヴィヴィエンヌ通り、プティ・シャン通り、バンク通りの3つから入ることができます。1986年にはジャン=ポール・ゴルティエがブティックをオープンさせ、パリ・モード界の最高の場となりました。しかし、それでも非常にシックで静けさを保っています。

そのすぐ横には、ライバルともいえるパッサージュ・コルベールがあります。ギャラリー・ヴィヴィエンヌほど商業的ではありませんが、非常にラグジュアリーで、フランス国立図書館により買収され、文化や芸術に関連した様々な機関が入居しています。極端なのは、パリの典型的なブラッスリーともいえる「グラン・コルベール」でしょう。ぜひ、ここでディナーをお楽しみください。

白黒のタイル張りの床で奥行きのあるようなイリュージョンを与えるアーケード、ヴェロ・ドダも見逃せません。その入り口の一つは、ジャン=ジャック・ルソー通り19番地にあります。1997年に完全に改装されたこのアーケードは、パリで最も魅力的なアーケードだと言えるでしょう。

最古のアーケードはグラン・ブルヴァールとグランド・バトゥリエールを結ぶパノラマです。大きなガラス天井のおかげで日光が降り注ぐこのアーケードには切手収集形が集まります。

その他にもヴェルドーやグラン・セルフ、モリエール、ヴァンドームといったアーケードがあります。それぞれ異なる個性や魅力であふれ、そして独自の顧客がいます。

パリのアーケードは、建物と建物の間の小道にそれぞれミステリーを秘めています。始まる場所が終わる場所でもあるアーケード・・・。それを発見するのは皆さんです!


ビデオコンテンツ : パリのアーケード

1850年代にはパリに150あったアーケードも、現在では20程しか残っていません。パリの人々はこういった有名なアーケードを偶然通ったり、近道を見つけるために通ったりしていますが、たいていの場合は楽しむために足を運んでいます。

アーケードの大半はセーヌ川右岸の大通りの近くにあります。ショッピングセンターの先祖ともいえるアーケードは、18世紀末にパリのブルジョワ向けの店舗のために作られました。アーケードの中には時計がたくさんありますが、これはよく辻馬車や乗合馬車の御者が時間をつぶす場所でもあったことの名残です。

アンティークやかわいらしいサロン・ド・テの愛好家、ありとあらゆるもののコレクターなど、パリのアーケードはそういった人々にピッタリの場所です。ここでは、純粋主義者とも知り合うことができます。というのは、そこにブティックを構えることを選んだ人々は、通常自分の職業を愛してやまない人々だからです。まさに、最高の審美家たちの幸せだと言えるでしょう。

パリのアーケードは時間の概念とはかけ離れた場所です。これは、多くのファッションクリエーターたちが初めてショールームを構える場所にアーケードを選び、常に「最新の流行」の場になっていることを考えると矛盾しています。
エレガントで荘厳で、ミステリアスでもあるアーケード・・・。ここは、忘れられた時代を反映した、過去の香りが漂う場所でもあるのです。

最も美しいアーケードの中から1つを選ぶとしたら、間違いなくギャラリー・ヴィヴィエンヌを挙げるでしょう。このアーケードには、ヴィヴィエンヌ通り、プティ・シャン通り、バンク通りの3つから入ることができます。1986年にはジャン=ポール・ゴルティエがブティックをオープンさせ、パリ・モード界の最高の場となりました。しかし、それでも非常にシックで静けさを保っています。

そのすぐ横には、ライバルともいえるパッサージュ・コルベールがあります。ギャラリー・ヴィヴィエンヌほど商業的ではありませんが、非常にラグジュアリーで、フランス国立図書館により買収され、文化や芸術に関連した様々な機関が入居しています。極端なのは、パリの典型的なブラッスリーともいえる「グラン・コルベール」でしょう。ぜひ、ここでディナーをお楽しみください。

白黒のタイル張りの床で奥行きのあるようなイリュージョンを与えるアーケード、ヴェロ・ドダも見逃せません。その入り口の一つは、ジャン=ジャック・ルソー通り19番地にあります。1997年に完全に改装されたこのアーケードは、パリで最も魅力的なアーケードだと言えるでしょう。
最古のアーケードはグラン・ブルヴァールとグランド・バトゥリエールを結ぶパノラマです。大きなガラス天井のおかげで日光が降り注ぐこのアーケードには切手収集形が集まります。

その他にもヴェルドーやグラン・セルフ、モリエール、ヴァンドームといったアーケードがあります。それぞれ異なる個性や魅力であふれ、そして独自の顧客がいます。

パリのアーケードは、建物と建物の間の小道にそれぞれミステリーを秘めています。始まる場所が終わる場所でもあるアーケード・・・。それを発見するのは皆さんです!

関連キーワード:パリのアーケード

ソーシャルネットワーク用イメージ:
 
 
 
 
   

 

お問い合わせ 
 Asia21.tv は、www.asia21.tvdで配信する広告やビデオの内容について、責任を有しません