ロゴ asia21.tv
asia21.tvニュースレターの購読




 
Favoris et Partage

法人税法

ビデオコンテンツ : 2013年も変わりなく、フランスは法人税36.1%というヨーロッパチャンピオンの座を維持しています。

ヨーロッパ平均が23.5%にも関わらずです!

社会保険料、社会保障負担金、不動産や配当などにかけられるあらゆる税など

フランス国内に会社を設立したいと考える外国人すべてにとって、課税は重要に思えるでしょう。

しかし、実際には異なるということを、私たちは税の専門家と一緒にこの番組を通じて見ていきましょう。

フランスにある外資系企業には、フランスの法人と同じ税法が適用されます。
これはシンプルだと言えるでしょう。というのは、法人に課される税は33%で、付加価値税は集められた5.5~19.6%の間です。
付加価値税の制度は、同様の制度を持つ他の国と同じです。

雇用主が負担する社会保障と同じように、高い割合だと言えるでしょう。

フランス人の従業員は、国の社会保障制度と
共済保険で手厚く保護されています。
そのため、両方を合わせると高額になります。というのは、従業員1人に税引後の金額100ユーロを支払う場合、企業が支払うがくは180ユーロになるからです。

ここまでは驚きはありません。

法人に課税される税金と社会保障の負担料は高額であることは明らかです。

そして、税法は思ったよりももっと複雑なことが多いのです!フランスでは様々な控除があります。

難しくしているのは、課税率はあまり重要ではなく、重要なのが課税の査定対象であるということです。
そして、フランスの税法の複雑さは、この控除によるものでもあるのです
これは、投資を行う際に、減価償却を控除できるようにするものです。
また、経営に関連して発生する負担の一部を、収益から控除することもできます。

ステファン・バレは、一部のビジネスを発展させる場合のタックスヘイブンについて触れています。

ビジネスによっては、現在のフランスはタックスヘイブンに成り得るのです!
会社を設立しようと考えていたり、研究・開発を行おうとしている場合、
もしくは、税額控除を求めている場合、できる限り税法上で有利な国に行くことを考えるでしょう。
フランスでは、課税される法人税が40%近くなっていますが、今後は減額される予定です。
最後に、外資系企業にブレーキをかけるのは、フランスの特徴ともいえる税務面でのさらなる不安定さです。

外国人の経営者やインフルエンサーたちは、規則に安定性の問題があると言います。

税の専門家として、私たちはここ何年かで適用されていない税法があることを目にしているため、これは本当だと言えるでしょう。

一方で、行政面では、法律で守られていることから納税者からどちらかというと評価されています。

つまり、行政の専断的なアクションから納税者を守る決まりがあるのです。
とくに証拠規則についてはそれがいえるでしょう。
いずれにしても、フランスの税法は複雑なのです!

この分野については専門家の意見を参考にするのが良いでしょう!それではまた近いうちにParis21.tv でお会いしましょう!

関連キーワード:法人税法

ソーシャルネットワーク用イメージ:
 
 
 
 
   

 

お問い合わせ 
 Asia21.tv は、www.asia21.tvdで配信する広告やビデオの内容について、責任を有しません